アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
henhen

2014年12月27日

アレルギー確認怠り、患者ショック死 高知県立病院

高知県宿毛市の県立幡多(はた)けんみん病院は26日、高齢の男性入院患者に抗生物質製剤を誤って投与し、アレルギー反応によるショック状態(アナフィラキシーショック)で死亡したと発表した。病院によると、今月、男性に抗生物質製剤を点滴で投与したところショック状態に陥り、蘇生措置を行ったが、死亡した。

 男性は、以前に同種の製剤でショック状態になったと病院に訴えており、カルテにも記されていた。本来なら医師などがアレルギー情報を確認しなければならないが、怠ったという。

 橘寿人院長は「心から深くおわびを申しあげる。再発防止の徹底を指示した」と話している。

リネージュ RMT 

wizardy RMT

ブレイドアンドソウル RMT

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい